<< <メタボ健診>腹囲基準根拠ゆらぐ 3万人データ解析で(毎日新聞) | main | ブログで運動OK ネット選挙解禁へ改正案 民主研究会が要綱(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


幹細胞に特徴的な分子発見=急性骨髄性白血病、根治に期待−理研など(時事通信)

 再発率の高い、急性骨髄性白血病の原因となる白血病幹細胞にだけ現れる分子のリストアップに、理化学研究所などの研究チームが成功し、3日付の米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに発表した。この幹細胞だけを狙い撃ちし、再発させずに根治する新薬の開発に役立つという。
 急性骨髄性白血病は、血液の中にある白血球などの元となる造血幹細胞ががん化し、異常に増殖する。抗がん剤などで一時的に抑えることはできるが、がん細胞の元となる白血病幹細胞には効きにくく、高い再発率の原因になっていた。
 理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの石川文彦リーダーらは、患者から採取した白血病幹細胞と、正常な造血幹細胞の遺伝子を全体的に比較。正常な細胞にはみられず、白血病幹細胞だけに特徴的なたんぱく質などの分子を25種類選び出した。
 研究チームは、ヒトの白血病幹細胞を移植したマウスを使い、これらの分子が生体内でも他の組織や正常な幹細胞にはほとんど現れないことを確認。これらの分子の働きを止める薬剤を開発できれば、副作用の少ない根治療法につながるとしている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟
試験管内で「体内時計」=細胞分化で発生
つかこうへいさんが肺がん公表
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功

「やまゆき」堺泉北港に入港 7日、一般公開(産経新聞)
立春 各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度(毎日新聞)
<水俣市長選>宮本勝彬氏が再選 熊本(毎日新聞)
<脳細胞>「ひげ」は右回り 左右の脳に非対称性 理研、大阪大チームが解明(毎日新聞)
産廃事務所に発砲? 窓ガラスに3カ所の穴 茨城・境町(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 22:31
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
モバイル ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
出会いランキング
情報商材
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 覚せい剤所持 元バレー全日本の高橋容疑者逮捕 大阪(毎日新聞)
    TARO (02/24)
  • 覚せい剤所持 元バレー全日本の高橋容疑者逮捕 大阪(毎日新聞)
    桃医 (01/10)
  • 覚せい剤所持 元バレー全日本の高橋容疑者逮捕 大阪(毎日新聞)
    道隆 (01/05)
  • 覚せい剤所持 元バレー全日本の高橋容疑者逮捕 大阪(毎日新聞)
    タンやオ (12/31)
  • 覚せい剤所持 元バレー全日本の高橋容疑者逮捕 大阪(毎日新聞)
    リョータ (12/26)
  • 覚せい剤所持 元バレー全日本の高橋容疑者逮捕 大阪(毎日新聞)
    まろまゆ (12/22)
  • 覚せい剤所持 元バレー全日本の高橋容疑者逮捕 大阪(毎日新聞)
    ちんたまん (12/05)
  • 覚せい剤所持 元バレー全日本の高橋容疑者逮捕 大阪(毎日新聞)
    機関棒 (11/27)
  • 覚せい剤所持 元バレー全日本の高橋容疑者逮捕 大阪(毎日新聞)
    XXまるおXX (11/22)
  • 覚せい剤所持 元バレー全日本の高橋容疑者逮捕 大阪(毎日新聞)
    ゆきぴこ (11/14)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM